進化する防犯カメラ

進化する防犯カメラ

防犯カメラの設置と屋外での取扱いの心得について

防犯カメラは対象を撮影することで映像記録を残し、犯罪に対する高い抑止効果を得ることが出来る防犯機器です。
広い敷地や死角が多い建物でも人手を割かずに防犯性を向上させることが出来る利点があるため、現在では様々な場所で広く普及しています。
特に屋外では防犯カメラを設置することで人の行き来が激しい所の防犯管理を効率的に行うことが可能になります。
また、機器によっては専用の回線を通じて映像記録を共有できる機能を搭載している物もあるので、上手に活用することでコストを抑えながら高い防犯性を維持することもできます。
防犯カメラを屋外に設置する場合、風雨による破損を防ぐ工夫が不可欠です。
その一方で保護用のカバーや風除けなどが撮影の際の障害物になってしまうケースもあるので、防犯性を維持しながら機器を保護できるように工夫を施す必要があります。
設置台やカバーなどの取り付けはトラブルを回避するために、専門知識を持つ業者に依頼するのが賢明です。

防犯カメラを屋外に設置してストーカー対策

誰かに付きまとわれている気がするという時には、あえて防犯カメラが設置されている事を分からない様にしながら、屋外に設置しておくという方法もあります。
そうする事によってストーカーや不審者が自宅を見張っている際に、どういう格好や顔をしているのか見分ける事が可能です。
通常であれば空き巣などが自宅に近寄らない様にする事を目的として、防犯カメラの存在を目立ちやすい様に屋外に設置するものだと言われています。
しかしストーカーなどが相手の場合は、そのストーカーに警戒させてしまう事によって、存在を隠しながら自分に付きまとう様になる可能性もあるのです。
そうなると誰が犯人なのか分からないまま事態が悪化してしまい、後になってから犯罪に巻き込まれてしまいかねません。
どういう人物が自分に付きまとっているのか把握をした後に、警察に相談をする事によって解決の糸口が掴める可能性もあります。
いきなり自分の目で相手の顔を確認しようとするなど、危険な真似をするのは止めておきましょう。

pickup

最終更新日:2016/6/24

↑ページ上へ