進化する防犯カメラ

進化する防犯カメラ

暗闇で防犯カメラを使用する際の工夫や注意点について

防犯カメラは対象を撮影して映像の記録を残すことが出来る機能を持つため、設置するだけで犯罪に対する高い抑止効果を得ることが出来ます。
そのため、目立ちやすい場所に設置することで防犯性を向上させることが可能になります。
また、防犯カメラは人の目が届きにくい死角の警備に高い効果を発揮しますが、照明が無い暗闇では映像記録を残すのが難しい問題があります。
一般的には照明を別に設置することで対象の範囲を明るく照らし、撮影を行いやすい環境を整えます。
その一方で、光による刺激を避ける必要が生じる場所もあることから、暗闇の中でも対象を鮮明に撮影できる機能を持つ防犯カメラを使用する方法も存在します。
特殊な機能を持つ防犯機器は高額な物が多く、複数台設置すると費用がかさんでしまう点を注意します。
支出を抑えるためにレンタル品や中古品を使用するケースもありますが、機器の状態が悪いと防犯性が低下してしまうので常に良好に保つように取扱いは丁寧に行うように心がけます。

暗闇に強い防犯カメラで泥棒対策をする必要性

泥棒が自宅に侵入してくるのは住民が誰も居ない時と思われがちですが、深夜の家族全員が寝静まった時間帯を狙って侵入してくる場合もあります。
そういう時に困るのが、泥棒と偶然に出くわしたとしても暗くて顔が分からない事があるという点です。
防犯カメラを設置していたとしても暗闇に強い機種でなければ、顔どころか体格すら分からずに人犯人逮捕の手がかりになってくれない可能性もあります。
そうならない為にも最新の防犯カメラを使って、例え深夜の暗闇の空間であったとしても、犯人の顔立ちや体格が一目で分かる様にするべきです。
暗闇の中であったとしても、防犯カメラの存在が分かる様に設置しておけば、泥棒が警戒をして自宅から離れていく可能性を高められます。
暗所撮影機能を備えているだけで価格が跳ね上がるという事もありませんから、予算に余裕が無いという人であっても気軽に防犯性能を高める事が可能です。
家族の安全を守る為にも、深夜の時間帯の犯罪に警戒をしましょう。

↑ページ上へ